ハンドクリームを使用した手汗対策の間違った方法とは

cf6b78e8a9be8eec138540976274dc0d_s

手汗対策としてハンドクリームを使っている人の中には間違った使い方をしている人もいます。

どんなハンドクリームの使い方が手汗には良くないのでしょうか?

・ハンドクリームの種類によっては手汗を悪化させる

ハンドクリームといっても様々な種類がありますが、一般的なハンドクリームを手汗の人が使うと手汗を悪化させる原因になります。

どこのドラックストアにもあるようなハンドクリームは、手荒れ防止や手の乾燥改善、綺麗な手を保つために使われます。

当然、保湿剤などのしっとり成分、保水力を高める成分などが多く配合されているでしょう。

このような成分が入っているハンドクリームを手汗の人が使う事で元々手汗で手がベタベタしているのにさらに悪化することがあるのです。

手汗の人も冬場などは手の平はベタベタでも手の甲はカサカサということがあります。

そのような時、ハンドクリームを使うならば手の甲だけに使うなど工夫することが必要でしょう。

・ハンドクリームを使った保湿で手汗がひどい状態に?

冬場、手があれたりする人の中にはハンドクリームを塗って手袋をしてから寝るという人もいます。

このようなことを手汗を普段からかきやすい人が行うとどうなるのでしょうか?

手汗の人は、遺伝の影響や精神的なものから手汗が出やすくなっていて手の汗腺が多いとも一説では言われています。

そんな人が保湿系のハンドクリームをして手袋をすると手袋の中は手汗の水分で蒸れてしまいます。

確かに朝起きた時、手の乾燥は改善されていることがあるでしょう。しかし、汗腺が刺激されて手汗が止まらない状態になることもありますので止めた方が良いのです。

雑菌が手に増えてニオイが付いてしまう事もありますので手汗の人は避けた方が良いハンドケアです。

・制汗剤とハンドクリームを混ぜたら手汗対策に良いのか?

手汗対策ハンドクリームは高いから制汗剤をスプレーしてハンドクリームを塗るという人もいらっしゃいます。

しかし、制汗剤とハンドクリームを混ぜても何も問題は無いのでしょうか?

せっかく制汗剤を使ってもハンドクリームを塗ると制汗剤の効果を無くしてしまう事もあるのです。なぜなら、制汗剤は汗腺から汗が出るのをブロックします。

ハンドクリームはその上から使うと制汗剤と混ざり制汗剤効果が薄れてしまうのです。できれば制汗剤は制汗剤だけ、ハンドクリームは乾燥している部分だけ使うようにした方が良いですよ。

手汗対策ハンドクリームなら保湿剤が入っているものもあるので別々で使う手間も無く手汗予防が期待できます。